クレジットカードの審査では借入歴も重要

クレジットカードの審査を申し込んだけれど、通らないという方もなかにはいらっしゃると思います。
該当する方の中に過去に銀行や消費者金融による貸し付けを利用して、まだ返済が終わっていないという方はいませんか?
また、借入申込をする際に、他社の借入件数を申告する欄はありませんでしたか?
初めてご利用される方にはあまり関係ない話かもしれませんが、そのような「借入歴」が金融機関からの信用に大きく関わってくるのです。


【クレジットカードとその他借入の利用履歴】

クレジットカードに限らず、業者は貸し付けをする際に審査を設けています。
その際に、利用される方の本人確認と返済能力の有無および信用情報を確認します。
信用情報は、個人信用情報機関という第三者機関によって管理されています。
別の金融機関を利用した履歴の情報も一定期間そこで管理されるため、虚偽の申告もすべて筒抜けというわけです。


【借入額よりも件数?】

年収の3分の1以上の借入をできないようにする総量規制によって、借入額は重要な項目であると見られがちです。
しかし、あるクレジットカード会社Aから総量規制ギリギリの借入をできている方というのは、その金額と釣り合う十分な返済能力があると判断された方です。
言い換えれば、クレジットカード会社Aのお墨付きといえます。
総量規制さえ超えなければ借入額はあまり問題ありません。
問題は件数の方で、たとえ1つ1つの業者からの借入額が少なくとも返済が滞っていると、お金にだらしのない方と見られてしまいます。
そうならないためにも、返済計画はしっかりとたててから利用するようにしましょう。

Comments are closed.