クレジットカードを使って今までの生活にお得を付帯する

クレジットカードが手に入ることで生活が少し変わってくるでしょう。それはなぜかと言うと、現金ではなくカード決済を行うことによってこれからは今までの支払いとは違うお得さを感じることができるでしょう。
単純にカードごとに違う設定の還元率によって、そのカード決済での支払いでポイントを手に入れることができるでしょう。もしくはマイルが手に入りますから、そのマイルで旅行に出かけることができるでしょうから、つまりカードを持っていない時代よりずっとあなたの旅行がお得になるはずです。


【クレジットカード会員だけが利用できるサービスは多い】

カードを持っている会員は、カードを持っていない人よりも優先的にサービスを利用しながら日々の生活を送ることができます。
困ったことに我々の生活は日々苦しみにまみれた、ストレスに満ち満ちたものです。この生活の中のストレスを少しでも取り除く努力をするという意味でもクレジットカードを使って生活しましょう。
カードで得たポイント、マイルを旅行で使える利点を見逃さないでそこをストレス発散していきましょう。


【どの国際ブランドを選べばいいのか】

マスターカードにアメックスなど、支払いに関わるブランドにも種類があります。お店によって利用できる国際ブランドに制限があります。国内利用に強いブランド、国外でのカード利用に強いブランドなど、その利用シーンによって使うべきブランド、利用に適したブランドの種類は違います。
自分が利用するシーンに合わせた選択を行って実際に申し込み、審査を受けてください。

クレジットカードの審査では借入歴も重要

クレジットカードの審査を申し込んだけれど、通らないという方もなかにはいらっしゃると思います。
該当する方の中に過去に銀行や消費者金融による貸し付けを利用して、まだ返済が終わっていないという方はいませんか?
また、借入申込をする際に、他社の借入件数を申告する欄はありませんでしたか?
初めてご利用される方にはあまり関係ない話かもしれませんが、そのような「借入歴」が金融機関からの信用に大きく関わってくるのです。


【クレジットカードとその他借入の利用履歴】

クレジットカードに限らず、業者は貸し付けをする際に審査を設けています。
その際に、利用される方の本人確認と返済能力の有無および信用情報を確認します。
信用情報は、個人信用情報機関という第三者機関によって管理されています。
別の金融機関を利用した履歴の情報も一定期間そこで管理されるため、虚偽の申告もすべて筒抜けというわけです。


【借入額よりも件数?】

年収の3分の1以上の借入をできないようにする総量規制によって、借入額は重要な項目であると見られがちです。
しかし、あるクレジットカード会社Aから総量規制ギリギリの借入をできている方というのは、その金額と釣り合う十分な返済能力があると判断された方です。
言い換えれば、クレジットカード会社Aのお墨付きといえます。
総量規制さえ超えなければ借入額はあまり問題ありません。
問題は件数の方で、たとえ1つ1つの業者からの借入額が少なくとも返済が滞っていると、お金にだらしのない方と見られてしまいます。
そうならないためにも、返済計画はしっかりとたててから利用するようにしましょう。

クレジットカードの審査ってどんなことを見るの?

審査を通過して初めて利用することができるクレジットカード。
その審査は、申込内容をコンピュータが自動で採点していきます。その採点内容を最終的な合計で出して、基準値を上回れば審査通過というわけです。
もちろん審査の内容は会社によって多少異なりますが、大まかには同じといえます。


具体的には?

申込まれた方のお勤め形態から、年収、年齢、勤続年数なども見られます。
要するに、クレジットカード会社がその人は信用にたる人物かどうか、それを審査するというわけです。
一般的には安定感のある公務員の審査が通りやすいとされています。


審査が通りにくい場合は

クレジットカードが欲しくても審査に通らない! という方もいらっしゃると思います。
そういう時は必ず原因があります。それを探っていきましょう。
他社からの借り入れがある場合は通らないことがあります。キャッシングやカードローンするにたえる信用があると会社から判断されないと審査は通りません。
また、電話連絡ができない人ともクレジットカードの契約を結んでもらえません。


審査がやさしいカードもある

どうしても審査に通らない場合は、審査が比較的ゆるめの会社を選ぶという方法があります。
流通系などの生活者をターゲットにした会社のクレジットカードは比較的審査が通りやすいので、審査に通らないことで困ってしまった場合はそちらを選んでいけばいいのでしょう。

クレジットカードは何枚持てますか?

今ではカードを持っている人も結構いますが、皆さんは一体何枚持っているのでしょう。
クレジットカードはたくさん持ってしまうと大変なことになってしまいますし、紛失してしまった時が怖いですよね。
カードは多くても3枚までにしておくのがいいみたいですので、それ以上持ち歩いたり契約するのは避けるようにしましょう。
ちなみに、多い人と言うのは30枚ほど持っているようですが、管理が大変ですから少なめにしておくのがベストかもしれませんね。


クレジットカードはたくさん必要?

カードはあると便利ですが、自分に合ったものを選ばないと管理が大変になってしまいます。
普通の人であれば多くてもクレジットカードは2枚くらいでいいと思いますが、中には多く持っている人もいますと言いました。
多くクレジットカードを持っている人の中には、カードコレクターもいますのでたくさん持っているのだそうです。
何枚持てるのか調べてみたところ、カードはいくらでも持つことが出来るそうですよ。


申し込みのし過ぎには注意

いくら何枚でもカードが持てるからと言って、何社にも申し込みをすると申し込みブラックになります。
一度に申し込みをして審査を受けるのではなくて、しばらく間を空けてから申し込むのがベストのようです。
もちろん、きちんとクレジットカードを管理できる人に限りますので、ルーズな人は1枚にしておきましょうね。

クレジットカードを有効活用する

せっかくカードを持っているなら、そのカードを普段の生活の中で有効活用してみませんか?
自分が持っているクレジットカードがポイント貯めやすいモノであれば、カードを用いて公共料金の支払いをしてみるというのも◎。
マイルが貯まりやすいカードであれば、旅行に行く際に使ってみると言うのもいいと思うんですよね。
クレジットカードには、そのカードが一番活躍できる方法がありますから、有効活用してカードライフを楽しみましょう。


クレジットカードのルールを決める

有効活用はしたいけれど使い過ぎてしまって、返済が追い付かなくなってしまう事が怖い。
そう考えている人は、何か自分なりにクレジットカードのルールを作ってみることをオススメするので、何か決めてみませんか?
買い物ではいくらまでの場合にしか使わないとか、月に何回までと決めて使うのもいいと思いますよ。
限度額が決められていると思いますので、多くてもいくらまでしか使わないようにする、という決まりでも全然かまいません。


書類は必ず見直そう

申し込む際には書類に記入をしますが、書いてすぐ提出するのではなくて必ず見直すようにしましょう。
どこか記入漏れが無いかどうか、誤字脱字が見当たらないか確認してから提出して下さい。
たまに文字が読めない、記入漏れでクレジットカードの審査に落ちてしまう人もいるようなので注意して。

学生でもクレジットカードが持てるんですか?

学生でもカードを持てるなら持ちたい!そう考えている人もいるのではないでしょうか?
今は、学生専用のクレジットカードが用意されているくらいですので、学生でも申し込めるようになっていますよ。
もちろん、学生不可となっているカード会社もありますから、その辺りは事前にチェックしてもらえると助かります。
学生ですから、年会費が無料となっている物を選んだ方がいいと思いますし、中には在籍中無料となっているものもあります。


クレジットカードは学生のうちから使っておく?

今は、遠くで一人暮らしをしているお子さんにカードを持たせている親もいるみたいですよ。
もちろん、仕送りもしているようですが学生は友達やアルバイト先の付き合いなどがありますし、学費などもありますからね。
そんな時クレジットカードは便利かもしれませんが、使い方には十分気を付けるようにした方がいいですね。
最近では、クレジット機能だけではなくてキャッシング機能がついているものもあるみたいなので、本当に便利ですよね。


審査で落とされませんか?

落とされてしまうのではないかと思っている人も多いようですが、そんな事は無いんですよ。
年齢が18歳以上で電話連絡出来て、金融事故情報が無ければほとんどの場合、クレジットカードの審査に通れるようです。
初めて持つカードの場合は、書類に不備が無ければ審査に通れるみたいですよ。

クレジットカードと申し込みブラック

カードを発行してもらいたくて申し込んだものの、なぜか落とされてしまったなんて言う人はいませんか?
クレジットカードの審査に落ちてしまったからと言って、1ヵ月以内に3~4件も申し込んでしまうと申し込みブラックになってしまいます。
申し込みブラックと判断されてしまうと、本来通るはずの審査も落ちてしまう事になりかねないので、注意が必要です。
もし落とされてしまったとしても決していっぺんに申し込まず、少しずつ申し込みを行なうようにして下さいね。


クレジットカードの申し込みについて

カードの申し込みについてですが、一度落とされてしまった場合すぐに他社に申し込むのは避けた方がいいみたいです。
信用機関のカード申し込み履歴が消える3~6ヵ月を過ぎた頃、出来れば1年は空けた方がいいのだそうですよ。
クレジットカードの信用機関の情報は半年ほどで消されるようですが、1年間残っている会社が多いから気を付けるようにして。
もし、落とされてしまっても自棄になって何社にも申し込みをしないようにして下さいね。


勤務先の在籍確認はしますか?

今では多くのカード会社が、勤務先の在籍確認を行なっているので、されると思った方が良いでしょう。
ただ、そのクレジットカード会社によってはいつごろ連絡をしてほしいと交渉すればしてもらえるんだとか。
また、もし自分が出られなくても出た相手がただいま席をはずしておりますと伝えてくれれば、確認が取れたことになるみたい。

自分に合わせてクレジットカードを契約する

ゴールドカードやプラチナカード、そして通常のカードなど色々な種類が出てきていますが、皆さんの持っているカードはどうですか?
通常のクレジットカードを持っている人が多いと思いますが、年収などに余裕がある人は自分に合ったカードを持ちませんか。
プラチナカードやゴールドカードは年会費がやや高めですが、その分特典が充実しているので決して損はないと思うんです。
学生専用カードや20代限定のゴールドカードなどもありますから、ぜひ自分にピッタリのクレジットカードを探してみませんか?


クレジットカードはライフスタイルに合わせて

自分に合っている物を選ぶことも大事ですが、ライフスタイルに合わせて選ぶことも大事なんですよ。
せっかくクレジットカードを持つのですから、買い物だけではなくて生活の中でも利用できるカードの方が嬉しいですよね。
よくスーパーへ行く人は、スーパーでポイントが貯められるクレジットカードを選ぶと言うのがいいと思います。
旅行へよく行く人は、マイルが貯まるクレジットカードを選ぶのが良いでしょう。(参考比較サイト:クレジットカード比較SMART


確認されるのはどこも同じ?

申し込みをして確認されるのは、どのカード会社でも同じことなので覚えておくといいでしょう。
審査では、年齢や住所といった個人情報と、勤続年数や年収、他社からの借入といった信用情報を確認されるようになっています。
余程大きな問題が無ければ無事審査に通れますから、安心して下さいね。